パパ募集

パパ募集をしたいと思ったのは、わりと最近のことである。
時間にもお金にも余裕のある僕は、パパ募集をすることで彼氏彼女とはまた違う関係を築きたいと思ったのだった。
そういうわけで、僕は、とある出会い系サイトにアクセスをしたのである。
そして、その掲示板の中に、このような書き込みをした。
「こんにちは。こちらの場を借りて、パパ募集をしたいと思います。時間とお金には余裕があるので、ご安心を。彼氏彼女とはまた違う関係で、末永く仲良くできたらと思っています。まずはメールからでもよろしくお願いします。お待ちしています。」というような感じでね。
そこで縁があったのが、K子さんという女性だったのである。
パパ募集
彼女曰く、「はじめまして。私もちょうど、パパ募集をされている男性を見つけるところでした。なので、もしよろしければ、いかがでしょうか?」ということだった。
メールの文面からするに、かなりさばさばとした印象の彼女。
実際に会ってみることにしてみた僕たち。
会ってみると、色々と共通する部分もあり、かなり意気投合した!
何だか、ビジネスパートナーとしてお付き合いをしたいとも思えるほど、何だか、仕事の話もしてしまったほどである!!
彼女曰く、「彼氏彼女の関係にはなりませんが、ビジネスパートナーとしての関係だったら、ありえるかもよ?」ということだった。
どうなるのかはわからないけれども、色々と今後の展開が楽しみであることは確かである。

処女喪失
初体験